長江健次、欽ちゃんへの不義理の原因は?現在の仕事、家族は?

未分類
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんはJ45です。

nagae-kenji1

欽ちゃんとの関係がちょっと話題になっている長江健次さんですが、

過去の活躍、欽ちゃんとの不義理、現在の仕事や家族について

調べてみました。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

長江健次、人気絶頂時代

プロフィール

生年月日: 1964年7月17日(52歳)
出生地:大阪府豊中市
身長 :170 cm
血液型:O型
(出典:wikipediaより)

長江健次さんといえば、

欽ちゃんこと萩本欽一さんの大人気番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」でフツオ役として、

番組に出ていました。

普通の高校生、どこをとっても普通といった印象がよかったらしく、

オーディションに受かりました。(受かってしまった。の表現があるかも)

 

番組内で結成された「イモ欽トリオ」で歌手デビューし、

デビュー曲「ハイスクールララバイ」で一世を風靡しました。

 

イモ欽トリオは番組で共演していた

ワルオ役の西山浩二とヨシオ役の山口良一とのユニットで、

この時150万枚もの売り上げを記録し、

ジャニーズも真っ青のアイドルグループになりました。

私はちょうど小学生のころで、毎週欠かさずテレビの前に座り、おなかを抱えて笑っていた記憶があります。

 

欽ちゃんとの不義理について

最近、ニュースで長江健次の欽ちゃんへの不義理について、よく目にします。

どんなことがあったのでしょうか?

 

当時、番組も順調で問題のない中、

長江健次が番組の降板を申し出ます。

理由は”大学受験のため”と説明していました。

しかし本当の理由は、

「大阪で笑福亭鶴瓶との番組に出演するため」 だったのです!

それは、欽ちゃんの番組ではなく、自分で仕事がしたかったからという

独立心からくるものだったようです。

 

後日談では、スタッフからウソを突き通せと言われていたようです。

スタッフも売れっ子のタレントを取り込みたいという思いでいっぱいだったのでしょう。

 

それ以降30年間もの間、欽ちゃんと絶縁状態が続いていたようです。

その後、大阪で活躍していましたが、

妻子がいるにもかかわらず、徐々に仕事が減少していき、

追い詰められた状況に陥ってしまいました。

 

本人は恩師である萩本欽一さんに、

義理を欠いたとことを非常に反省しているようです。

現在では二人の間で和解も済み、その後共演もしています。

[ad#co-1]

現在の仕事の状況は?

現在は、東京や地方でのライブ活動を精力的にこなしているようです。

ブログでは、北海道や仙台でのライブの報告がアップされています。

2年前の「長江健次生誕50周年ライブ」では、

イモ欽トリオも復活し、ハイスクールララバイを披露しました。

ことしは、「長江健次デビュー35周年全国ライブツアー」を開催します。

すでに7月15日からスタートしていますね。

頑張ってほしいと思います!

また芸能活動以外では、趣味から始まったスノーボードで、

なんとプロの資格を持っています。

若い頃は世界ランキングでも50位台くらいの実力があったとのことです。

今では、ナショナルコーチとして選手を育成しています。

勝手なイメージですが、こんなに多才な人だとは思っていませんでした。

いや~、スゴイですね!

 

家族について

長江健次さんは、2002年に一般女性と結婚し、

双子(12歳)がいます。(デキちゃった婚のようです!)

なかなか情報が得られませんでしたが、

ブログでは息子たちのことについて触れられています。

かわいくて仕方ないような、文面です。

 

まとめ

長江健次さんのように、誰でも人生は波があるものだと思いますが、

恩師に義理を欠いたことはまずかったかもしれませんね。

人間関係が複雑な世の中ですから、

自分のこととして、肝に銘じなきゃダメだなと思いました。

来週のしくじり先生が楽しみです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました