堀島行真の使うスキー板は?その性能は?評判は?

この記事は2分で読めます

Pocket

<はじめに>

世界選手権モーグルで堀島行真が立派なスコアで優勝しました。

ターンスピードが尋常ではありません。

ほとんど自然落下といった感じのスピード感です。

そんな堀島行真が履いているスキー板についていろいろ調べてみました。

  • スキー板のメーカーは?
  • 契約選手は?
  • 評判は?

スポンサードリンク


<スキー板のメーカーは?>

堀島行真が使用する板のメーカーは

「ID one」(http://www.idoneski.com/index.html)

といいます。

みなさん、ご存じだったでしょうか?

女子のモーグル選手・上村愛子さんもこの板を使っていましたね。

ID oneの名前の由来は

ID = Identiy(ナンバーワンを達成すること)

one= Only One(ユーザーのオンリーワンになること)

という思いからから、このブランド名が生まれたようです。

ID oneはいろんなシチュエーションでスキーが楽しめるように

・モーグル(メーカーサイトへ)

・基礎スキー(メーカーサイトへ)

・フリーライド(メーカーサイトへ)

・スローライド(メーカーサイトへ)

の4つのシリーズを商品化しています。

 

私も以前スキーをしているとき、下手くそながらにコブ斜面を楽しんでいました。

その時、このメーカーの板が欲しくてたまらなかった記憶があります。

そのうちスキーに行く頻度も減り、買うことはありませんでしたが、

今更ながらこのID oneを履いて、もう一度滑りたくなってきました!

 

<契約選手は?>

このID oneは発売当初から世界のトップ選手が使い続けています。

十数年まであれば、フィンランドのヤンネ選手が使用していましたね。

もちろん日本選手も当初から使用しており、先に記載しましたが、

上村愛子さんも使用し、数々の好成績を収めてきました。

現在モーグルでは、圧倒的な強さを誇るカナダのキングズベリー選手も使用しており、

その他アメリカ、ヨーロッパ、アジアの約40名の選手たちがこの「ID one」を使用しています。

こちらから契約選手の一覧がわかります。 → ここをクリック

スポンサードリンク


 

<評判は?>

このID oneの特徴は、

芯材にナチュラルウッドを使用していることです。

ナチュラルウッドを使用することで強さとしなやかさを

手に入れることができるととのことです。

ただし、コストは通常の芯材より高くなり、

価格は8万円前後からとなっているようです。

よほどスキーが好きな人でないと、買いづらい価格帯かと思います。

試乗レポートなどを読んでいると、しなやかでまったりした印象を

持つスキーヤーが多いようです。

最近の高機能素材を使ったキレッキレの板とは、別路線の板のようです。

自然な反発、まったりした感じ、適度なずらしなどがコブ斜面に向いているのかもしれませんね。

 

<まとめ>

ID oneは独自のテイストを追及しているように思いました。

モーグルにおいては、これだけのトップ選手が使用していることから

抜群の性能なのだと思います。

現在主流のカービングスキーとは、かなり嗜好が違っているので、

実際にID oneの板を買うことになったら、ある程度割り切る必要があるのかもしれません。

願わくば、あともう少し安くなってもらいたいところです。

 
【関連記事】

1.「堀島行真の出身学校などプロフィールは?姉は?出身地の池田町は?」

2.「堀島行真の大学は?最近のモーグルの戦績は?」

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

J45_Saito R0 こんにちは、J45と申します。
大好きな斉藤和義さんの愛用ギターのJ45をハンドルネームにしてしまいました。

巷で話題に関するいろんな情報、お届けできればと思っています。

できるかぎり、気になったことは何でも書いていくつもりです!