伊根町(京都)、所さんお届モノで紹介!特産のブリ、温泉、あずきをチェック!

テレビ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、J45です。

本日13日17時から所さんのお届けモノです!で天橋立の隣町の「伊根町」が紹介されます。自宅に船を係留する「舟屋」など独特の景観のあるエリアですが、他に色々な名物、見どころがあるようです。

実際に番組で紹介される中でキーワードは、「温泉」「ブリ」「あずき」です。こちらの記事で予め調査してみたいと思います。番組以外のことも紹介できるかもしれません!

スポンサーリンク

伊根町はどこ?どんな町?

伊根町は京都府丹後半島の先端に位置します。下の地図を確認してください。

人口2000人強の小さな町です。農業、漁業、観光が産業の中心です。

特徴的な景観はやはり「舟屋」ではないでしょうか?家の中に船を入れてしまいます。1階で船の保管、作業を行い、2階で生活されています。
国の重要伝統建造物群保存地区としても選定されています。

観光マップはこちらをクリック→観光マップ

伊根町の温泉を紹介

 

番組で温泉が紹介されるようですが、伊根町には奥伊根温泉の油屋という旅館があります。

もとの家業がロウソクづくりであったことからちなんで、この屋号になったようです。

こちらの旅館、先週テレビ番組「帰れマンデー見っけ隊!!」で紹介されているんです。2週続けてテレビで紹介されとは、幸運なのかなにか意図があるPRなのか!

こちらの旅館の料金ですが、1万円後半から5万円程度のプランが有るようです。
カニのフルコース付きだと5万円近くなります。下のリンクからチェックして見ください!


♨宿泊プラン
こちら

伊根町のブリ文化

伊根町はブリでも有名です。
知りませんでしたが日本さん代ぶり漁場というのがあるそうです。
「富山県氷見」「長崎五島列島」「京都伊根町」

ブリの食べ方の一つ【ぶりしゃぶ】!
なんと、伊根町を含む丹後が発祥の地だったのです。

いろんな説があるそうですが、前述の「油屋」さんがブリしゃぶ発祥の旅館とされているようです。

食べられる期間は11月から3月なので来月から食することができます。

ここでは、ブリしゃぶが食べれるお店3店を紹介します。

お食事処 油屋 
(道の駅舟屋の里伊根1F)
ぶりしゃぶ(ぶり大根みしくはぶりの塩焼き、旬の地魚のお刺身、雑炊付き)4,320円/人(※要予約)
定休日:水曜日/電話番号:0772-32-0750
舟屋食堂伊根ぶり定食 2,500円(※要予約)
伊根ぶり会席 4,500円(※要予約)
定休日:木曜日/電話番号:0772-32-0800
レストラン舟屋伊根ぶり定食 1,950円(※要予約)
伊根ぶり会席 3,780円(※要予約)
定休日:火曜日/電話番号:0772-32-0680

観光マップはこちらをクリック→観光マップ

特産のあずきの特徴は?

伊根町には幻と言われるあずきがあります。その小豆の名前は
「薦池大納言」(こもいけだいなごん)
仰々しい名前ですね。かなり大粒で、味も良く、荷崩れしにくいなどの特徴があります。

なぜ、幻なのか?このあずきは他の土地で栽培しても普通のあずきにしか育たないことから「まぼろし」と言われています。不思議ですね。
以下の動画、チェックしてください!よくわかります!

最後に

天橋立に行ったことはありますが、さらにその奥まで行くことなかったです。でも行くべきだったと、伊根町を調べていて痛感しました。

最近、旅行も行っていないのでこういうところでゆっくりして、美味しいものを食べたいなとしみじみ思いました。

タイトルとURLをコピーしました